Errataのアルバイト日記@skrb.org

個人的においしいと思った求人を毎日発掘して、紹介していくブログです。

カラオケ店員バイトはどんな仕事?店員の立場になると面白い発見が…!?

みなさんはどんなアルバイトをしたことがありますか?

ファーストフード店やレストランなど様々なバイトがありますが、みなさんが一度は行った事のあるであろう「あの」場所でのアルバイトはしたことがあるでしょうか。

なんだかわかりますか?
 

それは『カラオケ』のアルバイトです。

 

皆さんが友人・家族とカラオケに行ったとき、まずはフロントに店員さんが居ますよね?

その方たちのほとんどはアルバイトです。

普段私たちは、カラオケをする目的で行っているのであまり店員さんの事は気にしていないかもしれませんが、実は一概にカラオケのアルバイトといっても様式は様々なのです。


この記事では、その『カラオケ店員』のアルバイトにおける時給・必要スキル・メリット・デメリットをご説明していきます。

カラオケのアルバイトってどんな仕事?

そもそも、カラオケ店でのアルバイトはどのような仕事をするのでしょうか。

 

もちろん、フロントに立って来店されたお客様の受付を済まし、お部屋に案内をするのも一つの仕事です。

でもカラオケ店員の仕事はまだまだ他にもあります。

 

あなたがカラオケ店を利用するとき、フロントで受付を済ませた後は部屋の番号が書かれたバインダーを受け取り、きれいに掃除された部屋に入って思う存分歌い、最後は部屋を散らかしたまま(ではないかもしれませんが)退出しますよね。

 

では、そのあなたが散らかした部屋。

次の人が使えるようにする為にはもちろん綺麗にしなければいけないのですが、ではいったい誰が掃除するのでしょうか…?

そうです、ここでカラオケのアルバイトさんが登場するわけですね!

 

また、今日では多くの大手カラオケ店には一定料金を先に支払う事でドリンクが飲み放題になる「ドリンクバー」がありますが、そのドリンクバーがセルフサービスの場合は店員が動く必要はないのですが、ドリンクバーの機械が置いていない店舗の場合、または直接お持ちしなければならない飲み物の注文が入った場合(ビール・ワインなど)は、厨房からそれをお客様のお部屋までお運びしなければなりません。

 

他にも、お部屋からフードをご注文されるお客様の電話に応対し、また品物をお届けすることなどなど…。カラオケ店員の仕事はたくさんあるのです。

どんな人に向いているの?

カラオケ店員に必要なスキルは、その仕事内容から判断すると、接客力が一番大きいのではないかと思います。

やはりお客様と会話をして、最適なプラン・コースを提示しなければならないので、瞬時にそれを判断する力が必要になります。

 

また、飲み残しや食べ残しなどが散乱した部屋を掃除しなければならない可能性がある為、そのような仕事が苦手な方には少し厳しいかもしれません。

 

そして意外と見落としがちですが、店にエレベーターがなく階段しかない場合、お部屋までお食事やお飲み物を届ける際に、階段を何往復もしなければならないことがある為、場合によっては体力も必要になります。

時給は?高校生でもいい?㊙話は?

カラオケ店員のバイトの平均的な時給は950~1000 円程度です。高くもなく安くもなくっていう所ですね。

あくまでもこれは平均的な時給ですが、もちろん夜間だと時給はぐっと上がりますし、勤務期間によって昇級していく制度がある場合もあります。

給与(時給)はアルバイトをする上でやる気の一つになりますので、しっかりと検討して、納得のいく給与を手にすることが出来るようにしましょう!

カラオケの店員のアルバイトは高校生などの学生にも大人気です。

期間は数か月~1年以上まで様々で、特に目立った繁盛期もないので需要が集中することもなく、いつでも始められるアルバイトです。

ちなみにですが、カラオケの店員をしていた私の友人の話によると、カラオケを訪れるお客さんのタイプは様々で、一人カラオケを楽しむ人から学生、家族、カップルなど、注文の品を届けるときにチラッと部屋に入ると色々な雰囲気があって面白かったらしいです。特にカップルは…(;^ω^)ですので、そういった普段はできないような経験をしたい方にはおすすめです(笑)

カラオケ店員バイトのメリット・デメリット

【メリット】

  • 社員割引でカラオケ代が安くなる。(もちろんその店舗限定ですが)
  • 平日は基本的に暇。特にすることもなくボーっとしているだけで稼げるなんてことも。
  • 学生の場合、同じ学生バイト仲間ができやすい。⇒経験者の友人によるとバイト友達で遊びに行くこともあるらしいです。
  • 緩い店舗だと暇な時間は裏で休憩しててOKだったり…!?⇒私の友人は裏でスマートフォンを触ってゲームして暇つぶししていたらしいです。恐ろしい…(笑)

 

【デメリット】

  • 土日祝日は忙しい。本当に忙しい時は休む暇がない。
  • 社員は店舗内のエレベーターを使えないという決まりがある所も多く、その場合は階段を何往復もすることになり体力的に厳しい事もある。
  • 深夜のバイトの場合、酒に酔ったお客さんに絡まれたり、無理やり歌わされたりなんてことも…。(まぁ今の時代はそんなにないと思いますが…)

カラオケ店員のバイトをする上でのコツ・注意点

①フロントでの接客は笑顔で!

⇒お客様が入店してまず第一に接触するフロントでは、しっかりと明るい対応をしましょう。

第一印象でそのカラオケ店の雰囲気が変わります。やはりフロントの店員がだるそうなカラオケは行こうとは思いません。

別にカラオケ店員だけではなく他のアルバイトにも言える事ですが、お客様には誠意を持って対応しましょう!

 

②立ちっぱなしが無理な人には向かないかも・・・?

⇒注文された飲み物や食べ物を運ぶ係だとたまに歩けるかもしれませんが、フロント係だと基本的にずっと立ちっぱなしだと思ってください。カラオケの店員さんがフロントで座ってるところ見たことありませんよね(笑)

ですので、立ちっぱなしが苦手な人には向かないアルバイトかもしれません。

 

③フード、ドリンクの配達には気を付けて!

⇒お客様からご注文があったフードメニューやドリンクなどをお部屋までお持ちするときは、細心の注意を払って持っていきましょう。間違っても絶対にこぼしてはいけませんし、形が崩れるようなことがあってもなりません。

ゆっくり、慎重に運びましょう!

 

④入出するときには必ずノックを!

⇒これも当然の事ですが、お客様のお部屋に入る時には必ずノックをしましょう。

歌っている途中に入ってこられると嫌な人はたくさんいます。そのようなお客様にもしっかりと気を遣い、ノックをして1~2秒ほど待ってから入るようにしましょう。もちろん、「失礼します」・「こちら○○になります」・「ごゆっくりどうぞ」は忘れずに。

まとめ

いかがでしたでしょうか。『カラオケ店員のアルバイト』についてお分かりいただけたでしょうか。

普段からよく訪れるカラオケですが、意外と店員の立場になってみると面白い発見があるかもしれませんよ!

みなさんも何のバイトをするか迷ったら、是非カラオケ店員のバイトも考慮に入れてみて下さいね!
 


★筆者プロフィール★

名前:はむたろー (はむ)

ブログ:http://www.hamutaro.site

趣味:ブログ・ドラム

特技:ゴルフ(全国大会出場経験有・自己ベスト73)勉強(全国模試での最高偏差値78)

得意教科:数学・物理・化学

苦手教科:国語・社会

ひとこと:

私のブログでは、京都大学合格を目指す私の模擬試験や定期試験の結果を大公開しております!

皆様と一緒に京都大学合格までの険しい道のりを歩んでいきたいと思っていますので、是非とも私のブログに遊びに来て応援してください!(^^♪