Errataのアルバイト日記@skrb.org

個人的においしいと思った求人を毎日発掘して、紹介していくブログです。

エンジニア志望の文系の学生向きのおすすめのアルバイトとは?

文系がエンジニアめざしたっていいじゃないか

エンジニア志望の文型大学生がすべきアルバイトとは

突然ですが…エンジニアの仕事ってちょっと憧れちゃいますよね。

エンジニアと言えば、専門中の専門職。ちゃんと学生の頃からプログラミングなどを勉強してこなければなれないような職業であることは確かです。

でも…もし文系の学生がエンジニアになりたいと思ったら、もうその時点で学校ごと変えない限りは、エンジニアになることは難しいのでしょうか?

そう思うとなんだか切ないですよね…。

確かに他にも専門職として医者などは、ちゃんと専門分野を学校で勉強してきて、かつ資格や免許を取っていなければ仕事をしてはいけないものです。

実際、「医者の学校行ってないけど、医者です!!(ドヤァ)」なんて自称医者が居たら怖すぎますよね…。いや、間違いなく捕まります…。

ですが…エンジニアになるのにも、必ず理系の学校に行っていないといけないものなのでしょうか?

もちろん「エンジニアなら未経験でも大丈夫でしょ」とバカにしているわけではありません(^-^;

もし文系の学生でも、エンジニア志望として経験を積めるような機会があれば最高ですよね。

そしてできれば、就活にも役立つように学生のうちからエンジニア志望に向けたアルバイト経験ができれば素敵でしょう。

では、今回はエンジニア志望の文系学生に向けたアルバイトを紹介していきたいと思います!

興味がある人はぜひお付き合いください。

文系の学生が、エンジニアを目指せる可能性とは…

エンジニアになるなら、理系の学生を普通企業は採用するよね… 

理系の学生の方が、学校でプログラミングの勉強してるし評価されそう

そんなネガティブな思いを抱えていませんか?

確かに理系の学生の方が、文系の学生よりも、エンジニア寄りの授業をたくさん受けてきているのは事実でしょう。

ITに関する知識は、一見すると文系学生よりも理系学生の方がありそうと思われるのはありがちなことではあります。

ですが、最近はそんな考え方にも変化があるようです。

「理系学生じゃなきゃエンジニアとしては採用しない」という考え方はもう古いようで、その人の能力を総合的に判断し、採用の可否を決めているIT企業は非常に多いみたいなんですね。

つまり、理系学生じゃないからと言って、「エンジニアにはなれない」という考えを持つ必要は全くないというわけです。自分のやりたいことを最優先し、エンジニアの道をぜひ突き進んでいってみてください!

文系エンジニア志望者に求められること

ではそもそも文系のエンジニア志望者に求められることとは何なのでしょうか。

もちろんIT知識・技術を持っていればそれに越したことはありませんが、実際即戦力として雇ってもらえるほど独学でIT知識を身に着けている人は少ないものです。

そもそも転職などを経て入社してきた、かなりのエンジニア経験者でなければ即戦力になることはないでしょう。

だからこそ、IT知識・経験の乏しい文系の学生はもっと違う部分で勝負していくべきなのです。

学ぶ姿勢

これは当たり前のことかもしれませんが、IT知識の乏しい人がエンジニアになるためには絶対に持っていなければいけないことでしょう。

「興味あるけど、コツコツ勉強するのは面倒臭い!」

「楽してプログラミングを覚えたい!」

…いやいやいや。って話ですよね(^-^;

実際、企業ではもはや学校のように座学でIT知識・技術を教えてくれるところがほとんどです。エンジニアはそれくらい専門的な仕事なので、人材教育の体制にはかなり力を入れているというわけなんですね。

だからこそ、業界未経験の人・文系の人でもチャンスはあるということです。そのためにも持っておくべきは、基礎中の基礎から徹底的に学んで実践していく姿勢です。ただでさえエンジニアになるために身に着けるべき知識・技術はかなりの量があります。新しいことを積極的に学んでいく姿勢さえあれば、文系の学生さんでもしっかりとエンジニアを目指せるものなのです。

コミュニケーション能力

エンジニアになるためには、意外とコミュニケーション能力が重視されるとよく言われています。

エンジニアだし、ただパソコンの前に座って黙って仕事をしていれば済むのでは?と勘違いしている人は結構いるものです。

これを書いている私も、少し前まではエンジニアと言えばひたすらパソコン前でカタカタと仕事をしている印象が強かったですね…。ですが、友人がIT関係の仕事に就いているのでいろいろ聞いたことがあるのです。

今時エンジニアに必要なのは、知識や技術はもちろんのこと、コミュ力も相当大事だと…。

なぜかと言うと、エンジニアはいろいろなクライアントから依頼されてシステムを作っていきますよね。

エンジニアとしてどんな仕事に配属されるかにもよってきますが、クライアントと直接やり取りをするとなったら、相手が望むシステムを作るためにはとにかく細かく打ち合わせをする必要がでてくるんですね。コミュ力がない人には到底務まらないでしょう。

また、一つのプロジェクトを進めるとき、何人かのチームで行っていくことがほとんどです。皆で連携してうまくプロジェクトを進めていくためには、積極的に仲間とコミュニケーションを取っていく必要があるのです。

なので、コミュニケーション能力があることは、エンジニアをやるうえでとてもプラスなことなのです。そのために理系・文系はほとんど関係ないと言います。文系の学生で、IT知識が理系よりも劣っていたとして、コミュニケーション能力に自信がある人はぜひその点をアピールしていけると良いですね!

エンジニアになりたいという熱意

この点は、何かになりたいと思うなら当たり前に持っていなければいけないことでしょう。

特に文系の人は、「理系でもないのになんでエンジニアなの?」と聞かれることが多いはずです。

そんなとき、

「稼ぎが良さそうだから」

「なんとなくカッコ良さそうだから」

とかアバウトな理由じゃ「ダメだなこいつ…」と思われて終わりです。実際、エンジニアは大変な職業ですし、生半可な気持ちで入ってきている人は間違いなく採用されません。

なので!

文系だけどエンジニアに憧れている理由、熱意…そのあたりはしっかりと明らかにしておいた方が良いですね。

「独学で少しかじっただけなのでまだ知らないことだらけだけど、絶対にエンジニアとして仕事がしたいので、しっかり勉強して独り立ちしたいです!!」というような熱意が相手に伝われば、文系の学生だとしても大歓迎してくれるはずですよ。

文系のエンジニア志望にオススメのバイト

では…いろいろと前置きが長くなりましたが本題に。遅くてすみませんm(__)m文系のエンジニア志望さんに頑張ってほしくていろいろ語ってしまいました。

何しろ、今これを書いている私もがっつり文系でしたが、こっそりエンジニアには憧れたことがあります。

普段、人が当たり前に使っているあらゆるシステムが、たくさんのエンジニアさんの手によってつくられているわけですよね。

そしてエンジニアさんも自分が構築したシステムが想定通りに動いたときの感動は素晴らしいものであるはずです。そんな感動を私も味わってみたかったなぁ…!

まあそんな私自身の話は置いておきまして。

エンジニア志望の文系学生が、学生でいながらエンジニアの経験を積めるようなバイトって何があるのでしょうか?

実際にエンジニアとして就職する際に、「こんなバイトやってました!!」と、少しでもアピールできればかなりプラスにはなりますよね。少しでもプログラミングをかじれるかもしれないバイトを以下で紹介してみたいと思います。

エンジニアのバイト募集も探せばある

エンジニアと言うと、なんとなくバイトの募集は行っていないような感じがしますよね。

確かに社員としてしか求人を出していないところが多い印象が強いです。

ですが、意外と探してみればバイトとしての募集もかかっているところがあるのも事実です。

興味がある人はぜひ探してみましょう。

ですが、一つ注意です。学生だと門前払いされてしまうこともあるため、この点は覚悟しておきましょう。

上でもお話ししたように、未経験のエンジニアバイトを雇うにはとにかく研修が必要です。

そのためには、なるべく多く出勤できる人の方が望ましいというわけですよね。

それに対して学生は、学業を放り出してバイトばかりするわけにもいきませんから、少なくともフルタイムで出勤するなんてことは無理でしょう…。

そうなってくると、そもそも学生の採用を考えていない企業も出てくるわけですね。

なので、応募前には一度確認した方が良いでしょう。

ですが、根気良く探せば「未経験OK」「学生OK」みたいなエンジニアバイトができるところが見つかるかもしれませんよ。もしエンジニアのバイトができれば、それこそ就職前に実務経験が積めてしまうというわけです!十分なくらいIT知識も身につくでしょう。こんな好条件はないですね!

ゲームのデバッグ・テスター

誰でも手が出しやすいバイトとして、ゲームのデバッグのバイトがあります。

短期バイトなどでも募集をかけているところが多いので、時間に融通も利きやすく、忙しい学生さんにはピッタリですね。

デバッグとは、ゲームのシステムに何かバグがないかどうかチェックすることです。そのままバグチェック・テスターと呼ばれることも多いですね。

ただバグを見つけてそれを報告して…という機械的な作業である場合もありますが、実際にそのバグを修正する仕事の一部を任せてもらえる場合もあります。

少しだけだったとしても、プログラミングに関われるチャンスですね。何もしたことがないのと、少しでもいじったことがあるのとでは、エンジニアという仕事がどういうものなのかを知っておくうえで全く違ってきます。ゲーム好きな人は遊び感覚でもやれるので楽しそうですよね。一度くらいは学業の合間に、珍しいバイトを経験しておいても良いかもしれません!

WEB制作のバイト

エンジニアと言っても仕事の内容は多岐に渡ります。上のようなゲームのシステムを作ったり、パソコンのソフトやスマホアプリのプログラミングを担当したり…、WEB制作と言われる、企業のホームページを作る人もエンジニアです。

WEB制作や企業のSNSの運営など、ネットに関わる仕事も、バイトとして関われるチャンスがあります。

学生の身だと制作アシスタントのようなかたちで採用されるパターンが多いでしょうが、現場でたくさんのことを学ばせてもらうことはできるはずです。WEB制作系のバイトも、多く出勤できる人の方を重視する傾向はありますが、例えば単位に余裕があってバイトの時間を多く取れそうな人などは、ぜひ採用してもらえないかと交渉してみることも大切でしょう。ぜひ頑張ってください!

【番外】クラウドソーシングで仕事を取ってくる

最近はクラウドソーシングサービスが充実してきましたので、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサービスに登録して個人間での仕事を取ってくる人が増えてきました。

少しプログラミングをかじっているだけだったとしても、普通の人よりは知識が豊富であることは間違いないはずです。独学で学んだだけとは言っても、ホームページの制作などはプロ並みにできる学生はたくさんいると言います。

クラウドソーシング系のサービスはもちろん学生でも利用することができるので、自分にできそうな仕事があったらぜひ応募してチャレンジしてみましょう。思いがけず就職前に大きな経験を積むことができるかもしれませんよ。就活の際にも「こんなのを自分で作りました」と実績をアピールできるはずです。

まとめ

エンジニア志望の文系学生におすすめのアルバイトについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

探してみれば、意外と未経験でも学生でも受け入れてくれるアルバイト求人はあるものです。

特に最近はIT技術がどんどん進んで、デジタル化に向かっていっている世の中ですし、エンジニア不足は深刻な問題だと言えます。

「正直学生のバイトでもいいから雇いたい」という企業はあるはずです。

それに、エンジニア不足が叫ばれているのなら、なおさら文系の学生にもエンジニアとして将来活躍できるチャンスはあるというわけですね。

前半で触れているように、今時文系だからと言ってエンジニアにはなれないという世の中ではないのです。

文系だからエンジニアは無理かも…と言って諦めず、ぜひチャンスをつかんでくださいね!

諦めなければ、きっと数年後はあなたもエンジニアとしてガンガン活躍しているかもしれませんよ。


【ライタープロフィール】

名前:chocomint

バイト経験:コンビニ、書店、居酒屋、パチンコ店、コールセンターなど。

趣味:スマホゲーム、映画鑑賞

最近は動画サイトで猫の動画を見るのに絶賛ハマり中です。